韓国の若手俳優イ・スヒョクさんが、ドラマ『ごめん、愛してる』で友情出演することが決定しています。

 

日韓の交流を深めるドラマとして、これ以上いない人気俳優でしょう。

 

スポンサーリンク

イ・スヒョクがドラマに出演するにあたって。来日もある?

『出典・MY J:COM

 

イ・スヒョクさんは、『ごめん、愛してる』に出演するにあたってコメントを発表しています。

 

まず、この作品は韓国でも有名なドラマであり、日本のリメイクに出演できたことをとても嬉しいと感じているようです。

 

ただ、仕事の依頼が来たときは、言葉の壁についてどうしようか迷っていたそうです。

 

しかし、役柄は韓国マフィアの跡取りであり、日本語を話す必要がなかったため、とても安心したみたいです。

 

また、韓国のドラマではこういった役柄を演じたことがなかったため、男らしいキャラクターを演じるきっかけを作ってくれた日本のスタッフに感謝しているとコメントしていました。

 

そして、長瀬智也さんのイメージは、どうやら『マイボスマイヒーロー』みたいです。

 

『マイボスマイヒーロー』の作品もまた、チョン・ジュノさん主演の韓国映画のリメイクであり、本場でも話題の作品だったようです。

 

そんな長瀬智也さんと共演できて、とても幸せだったそうです。

 

イ・スヒョクさんは、とても礼儀正しくインタビューに応えてくれた紳士らしいので、日本での注目も更に広まりそうですね。

 

それこそ、新たな日本ドラマや映画に出演し、来日する機会があるかもしれません。

 

『ごめん、愛してる』ぺクランの役柄

ドラマ『ごめん、愛してる』でイ・スヒョクさんが演じるのは、ペクランです。(愛称はラン)

 

ペクランは韓国マフィアの跡取り息子となります。

 

父親はカジノ経営者であり、岡崎律(長瀬智也)はそこのボディガードとなります。

 

ペクランにとっては、唯一心を許せる存在であり、律を兄のように慕っているのです。

 

そんな律が頭に銃弾を受け、いつ亡くなるか分からない体となってしまいます。

 

律は、最後に母親の顔を見たいと言います。

 

ペクランは、その願いを叶えるきっかけを与えることになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

イ・スヒョクさんは184センチという高身長であり、モデルとしても人気があります。

 

日本でも十分に通用するルックスであり、ますますの活躍が期待されている俳優なのです。

 

ドラマ『ごめん、愛してる』で長瀬智也さんとの共演がどうなっているのか、非常に楽しみなところです。

 

ペクランが岡崎律をどうやって日本に行かせるきっかけを作るのかも、注目して視聴しましょう。

 

スポンサーリンク

『ごめん、愛してる』の出演者

【大竹しのぶ】ごめん、愛してるの日向麗子でドラマ出演!昔から演技派女優のプロフィール

【中村梅雀】ごめん、愛してるの三田垣夫マネージャーでドラマ出演!歌舞伎役者の家系を持つ俳優

【六角精児】ごめん、愛してるの加賀美修平でドラマ出演!ギャンブルから電車に乗り換えた俳優

【大智】ごめん、愛してるの子役の魚でドラマ出演!wikiプロフィールで年齢も紹介

【池脇千鶴】ごめん、愛してるの河合若菜でドラマ出演!声が現在も可愛い女優

【大西礼芳】ごめん、愛してるの古沢塔子でドラマ出演!フランケンシュタイン、べっぴんさんの女優