若手女優の久保田紗友さんが、ドラマ『過保護のカホコ』に出演します。

 

朝ドラ『べっぴんさん』に登場したことでも注目されている女優です。

 

スポンサーリンク

べっぴんさんに出演した女優のプロフィール

『出典・久保田紗友オフィシャルサイト

 

久保田紗友さんは、北海道出身の道産子女優でもあります。

 

NHK札幌で放送されたドラマでは、『三人のクボタサユ』と自身の名前がタイトルとなり、地元では話題となった作品でした。

 

その後は、東京での仕事も舞い込むようになり、宮部みゆきさんの人気小説『模倣犯』のスペシャルドラマに出演し、難しい心境の女子学生を演じました。

 

東野圭吾さんの小説の映画化『疾風ロンド』にも参加しており、日本を代表する有名作家の作品に多く登場しています。

 

そんな久保田紗友さんの知名度を全国区にしたのは、やはり朝ドラ『べっぴんさん』でしょう。

 

ジャズ喫茶のアルバイトという役柄にも関わらず、その大人びた容姿が話題となっており、SNSでの反響が大きかったのです。

 

まさに、2017年にブレイク必至の若手女優といえるでしょう。

 

『過保護のカホコ』糸(女子高生)の役柄

ドラマ『過保護のカホコ』で久保田紗友さんが演じるのは、糸です。

 

糸は、カホコ(高畑充希)の従姉妹にあたる女子高生です。

 

泉(黒木瞳)の実家である並木家は、誰もが優しい大人たちばかりです。

 

だからこそ、カホコが過保護に育てられてしまい、何もできないお嬢様となってしまったのです。

 

本来なら、泉の妹・節(西尾まり)の娘にあたる糸もまた、何もできない女の子として育つはずでした。

 

しかし、糸はチェロの才能に恵まれており、プロのチェリストを目指すという目標があるしっかり者だったのです。

 

カホコと対象的な糸は、ドラマが取り上げたい現代の問題を指摘する存在となるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

何もできないカホコと、夢のために努力を続ける糸。

 

『過保護のカホコ』のテーマを考えると、とても重要な意味を持つ存在だといえるでしょう。

 

『なんのために働くのか』という、カホコの疑問の答えでもあると思います。

 

久保田紗友さんがチェロを演奏するシーンがあるのかも、気になるところですね。

 

スポンサーリンク

『過保護のカホコ』の出演者

【黒木瞳】過保護のカホコの母親・泉でドラマ出演!現在も美人な宝塚女優

【時任三郎】過保護のカホコの父親の正高でドラマ出演!今や海猿のイメージが強い俳優