唐田えりかさんが出演する『ソニー損保』のCMに対する批評が多いのが、少し気になりました。

 

こういった内容だけで評価するのはもったいない新人女優だと思いますので、唐田えりかさんの魅力を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

有村架純の可愛い妹分は恋仲、こえ恋に出演した女優

『出典・FlaMme公式サイト

 

唐田えりかさんは、戸田恵梨香さんや有村架純さんが所属するFlaMmeの事務所の女優です。

 

有村架純さんも、その透明感を絶賛しており、徐々に注目を集めている新人なのです。

 

福士蒼汰さんと本田翼さんが出演した『恋仲』、ラブコメ漫画の実写化である『こえ恋』にも出演し、女優業も本格的に取り組み始めています。

 

こういった実績が自信となり、ソニー損保のCMオーディションでも見事勝ち抜くことができ、イメージキャラクターに抜擢されたのです。

 

ソニー損保の声(演技)が取り上げられる

ここで問題となっているのが、ソニー損保のCMで唐田えりかさんの声(演技)が変ではないか?という指摘です。

 

それは、『授業参観』篇という最初に流されたCMであり、そのときの声(演技)が『素人っぽい』『下手』というのです。

 

ただ、素人っぽい下手な演技をそのまま採用する監督は存在しません

 

撮影の時間が取れない超売れっ子なら、完成度が低いまま使ってしまう場合もあるかもしれませんが、唐田えりかさんはまだまだ新人であり、本当に演技指導が必要なら撮影が押してでも尺を取るはずです。

 

なので、唐田えりかさんの声も演技も問題はなかったといえるでしょう。

 

では何故、こういった視聴者とのズレが生じてしまうのでしょうか?

 

きっと、それは演技力ではなく、唐田えりかさんの声質そのものにあると思います。

 

唐田えりかさんの声は特徴的であり、少しおっとりした印象を与える喋り方に聴こえます。

 

おそらく、そこが視聴者とのズレに繋がってしまったのだと思います。

 

ただ、声が特徴的でも活躍されている女優はたくさんいます。

 

そのことについて思い出されるエピソードといえば、戸田恵梨香さんでしょうか。

 

戸田恵梨香さんもまた、自分の声にコンプレックスを抱いていた時期があったと告白しています。

 

しかし、『エンジン』で共演した木村拓哉さんに、他の女優にはない強みになると言われたことがきっかけで、自分の声が好きになり、迷うことなくお芝居に取り組むことができたようです。

 

唐田えりかさんもまた、そんな女優になる才能があるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ソニー損保のCMで風当たりが厳しいのは、前任の瀧本美織さんの人気が高かったことも関係しているようです。

 

人間は、前回のクオリティを今回にも期待してしまう癖があると思います。

 

ドラマでも「続編なら絶対に面白い!」という先入観のもと視聴してしまうせいで、「前回のほうが面白かった・・・」と落ち込んでしまった経験は、誰にでもあると思います。

 

ソニー損保のCMでも同じことが言えるのかもしれません。

 

唐田えりかさんには、この出来事にめげず、今後も芸能活動を頑張って欲しいですね。

 

話題の芸能人

元木聖也がキャプテン翼を熱演!ナルトなど舞台イベントで活躍する俳優プロフィール

【高杉真宙】目が二重の仮面ライダー俳優が金髪にも挑戦した映画はPとJK

天使と悪魔のラップのJK『なたね油』はブルゾンちえみに激似!twitter動画で話題

吉岡里帆がSTAR SAND-星砂物語-の志保で出演!大学では書道家を目指した女優のドラマ歴も紹介

【織田梨沙】星砂物語のヒロインはハーフ?大和ハウスCMの可愛い胸キュン女優のプロフィール

スポンサーリンク