俳優の水谷豊さんが、『居酒屋もへじ6』の米本平次役で再び登場します。

 

最近では、タップを題材とした『TAP THE LAST SHOW』の映画で初監督も務めています。

 

スポンサーリンク

映画タップで監督を務めた俳優

『出典・TRYSOME公式プロフィール

 

水谷豊さんは、芸歴50年以上のベテラン俳優です。

 

相棒シリーズ』は大ヒットを記録しており、平成生まれの方でもその名を聞いたことがある大物ですね。

 

俳優業ばかりでなく、歌手としても一世を風靡しているまさにスーパースターなのです。

 

そんな水谷豊さんですが、実は2017年で初経験の仕事をまっとうしました。

 

それは、監督です。

 

TAP THE LAST SHOW』は、水谷豊さんが「いつか作品にしたい」と温め続けてきた題材であり、その夢が叶った作品なのです。

 

当時とは構成が変更され、若者に夢を託す内容となっていますが、水谷豊さんが主演として物語を盛り上げることには変わりありません。

 

タップで表現された本作品は、水谷豊さんの新しい挑戦を垣間見れるものとなっています。

 

『居酒屋もへじ6』米本平次の役柄

『居酒屋もへじ6』で水谷豊さんが演じるのは、言わずと知れた米本平次です。

 

米本平次は、『へのへのもへじ』というあだ名がある『居酒屋もへじ』の店主です。

 

困った人は放っておけない性分であり、まさに江戸っ子の気質を持つ男性でもあります。

 

そういった性格のため、血が繋がらなくとも明(高田翔)、さやか(諸星すみれ)、実(土師野隆之介)を迎え入れ、我が子のように愛しています。

 

ちなみに、『居酒屋もへじ』は第3作までは『一言さんお断り』でしたが、第4作からは大衆居酒屋として多くの客層を受け入れるようになっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

『居酒屋もへじ』は2011年から放送されている作品ですが、2017年でついに第6作を迎えることになりました。

 

同年の10月からは『相棒16』がスタートするので、水谷豊さんにとっては非常に忙しいスケジュールだったかもしれません。

 

しかし、人気者だからこそのシリーズ化であり、それをこなすことができるのが水谷豊さんの凄さなのでしょう。

 

『居酒屋もへじ6』では、どんな人間模様が描かれるのか、楽しみですね。

 

スポンサーリンク

『居酒屋もへじ6』の出演者

【船越英一郎】居酒屋もへじ6の高木健也でドラマ出演!サスペンスの帝王と呼ばれる俳優

【松坂慶子】居酒屋もへじ6の佐伯陽子でドラマ出演!桐谷美玲とのスミカスミレが印象的だった女優

人気記事

【土屋太鳳】Feliciesの歌詞が好き!フェリシーと夢のトウシューズの主題歌を担当

愛してたって秘密はあるのネタバレ!キャストを見れば黎の過去を知る者は1人しかいない