落語家の桂雀々さんが、ドラマ『陸王』に出演します。

 

桂雀々さんは40周年講演を、明石家さんまさんと桑田佳祐さんらに祝福されたことでも話題となりました。

 

スポンサーリンク

引退せずさんまに40周年を祝われた落語家

『出典・陸王公式ツイッター

 

桂雀々さんは、落語家として成功を収めた男性です。

 

普通に喋らせても面白く、芸人たちと一緒にバラエティ番組でも活躍していました。

 

一時、メディアに露出しない時期があったためか、引退という噂もありましたが、現在も落語家として人々に笑いを届けています

 

そんな桂雀々さんは2017年で40周年となり、明石家さんまさんと桑田佳祐さんが舞台に登場し、その偉業を祝福しました。

 

どちらもサプライズゲストということもあり、観客はビックゲストの登場で大いに沸いていたそうです。

 

『陸王』家長亨の役柄

ドラマ『陸王』で桂雀々さんが演じるのは、家長亨です。

 

家長亨は、『埼玉中央銀行行田市店』の支店長です。

 

中小企業とのやり取りを軽視し、利益だけを求めるような人物となります。

 

当然、『こはぜ屋』の新規事業にも興味がなく、それに肩入れする坂本太郎(風間俊介)が気に入りません。

 

どうやら、卑劣な手を使って妨害しようと考えるようです。

 

ドラマ『陸王』は、融資をしてくれる銀行も重要な部分であり、家長と坂本のバトルも見ものとなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

池井戸潤さんの作品には必ずといって良いほど、冷徹な上司が登場します。

 

今回は、支店長の家長亨がその人物となります。

 

嫌われ者をあまり演じたことがない桂雀々さんは、「新たな挑戦」と意気込んでいるようです。

 

桂雀々さんが家長亨をどのように表現するのか、注目が集まりそうです。

 

スポンサーリンク

『陸王』の出演者

【寺尾聰】陸王の飯山晴之でドラマ出演!ルビーの指環の歌手だった俳優

【竹内涼真】陸王の茂木裕人でドラマ出演!握手会で神対応な俳優

【山崎賢人】陸王の宮沢大地でドラマ出演!映画の氷菓や羊と鋼の森で主演の俳優

【役所広司】陸王の宮沢紘一でドラマ出演!CMのラーメンが面白い俳優